2008年07月14日

621 モンテレイ。キエロクラブの音楽を。

“Quiero Club”(キエロクラブ)

“más o menos”(マスオメノス)「だいたい」=スペイン語
“more or less”(モアオァレス)「だいたい」=英語
“farmacia”(ファルマシア)「薬局」=スペイン語
“Pharmacy”(ファルマシー)「薬局」=英語
あと。There is 〜の構文とbe動詞の関係って、hayとestarのと
同じ。いろんな言語の共通点。例を挙げるときりがない。
そういえば。ラテン語のetから記号&や+が生まれ、minusから−
が生まれたとか。スペイン語の“y”“menos”だよね。
【関連する記事】
posted by yas at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆その他、何でも | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。