2008年07月16日

622 日本語も、することだけは特別で。

一番よく使う単語は、
“fare”(ファーレ)「する」だと。活用は不規則で“faccio,
fai, fa”(ファッチョ、ファイ、ファ)1&2&3人称活用。

スペイン語だって同じく。“hacer”(アセール)は不規則活用。
hago, haces, hace, hacemos, hacéis, hacen=現在形
hice, hiciste, hizo, hicimos, hicisteis, hicieron=点過去形
それぞれ1&2&3人称単数、1&2&3人称複数。
実際、英語のdoもよく使うし。日本語の文法だって「する」だけは
サ行変格活用で不規則。(「来る」だけ不規則って日本だけ?)

共通点があるのって。使われてきた長い歴史があって。人が交流
してきた地理が関係して。社会と言葉ができてくるからかな?
スペイン語、英語、日本語もいいけど。よくわからない言語を学ぶ
のもおもしろい。杉田玄白先生、前野良沢先生、外国語を翻訳する
のを、どう思っていたのかな?福沢諭吉先生も。
【関連する記事】
posted by yas at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆その他、何でも | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102985768
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック