2013年05月10日

リンク

リンク
posted by yas at 12:59| Comment(1) | TrackBack(0) | ◆その他、何でも | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

649 ブログ休止中。

フォトアルバム → http://f.hatena.ne.jp/yasuhiroosaki/
ツイッター→yasuhiroosaki
posted by yas at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆その他、何でも | 更新情報をチェックする

647 複合と、半とか近とか。点と線。

648 イタリア語。砂漠砂漠とフラダンス。
イタリア語もスペイン語みたく~issimoで最上級?
“Mi chiamo~”(ミキャモ)「私の名前は~です。」
“Buongiorno!”(ボンジョルノ)「こんにちは」
“Buona sera!”(ボナセーラ)「こんばんは」
“Ciao!”(チャオ)「やあ、じゃあね」
“A presto!”(アプレスト)「また会いましょう」
“Che cos'è?”(ケコゼ)「これは何?」
“Questo è~”(クエスト)「これは~です。」
“Chi è~?”(キエ)「誰?」
“Perchè?”(ペルケ)「なぜ?」
“Non lo so.”(ノロセ)「知らない。」
“Come va?”(コメバ)「どう?」Bene.(ベネ)いいよ
“male!”(マレ)「悪い」=スペイン語mal
“Come sta?”(コメスタ)「元気ですか?」
“cosi cosi”コジコジ「まあまあです」
“Insomma”(インソンマ)「あまりよくありません」
“Cosi` cosi”(コズィコズィ)「まあまあ」
“grande”(グランデ)「大きい」
“piccolo, piccola”(ピッコロ、ピッコラ)形容詞「小さい」
“Lei è francese?”(レイエフランチェーゼ?)ていねいに
「あなたはフランス人ですか?」
“italiano”(イタリアーノ)「イタリア人(男性)」
“italiana”(イタリアーナ)「イタリア人(女性)」
“americano”(アメリカーノ)「アメリカ人(男性)」
“giapponese”(ジャポネーゼ)「日本人(男女)」
“Scusi!”(スクージ)「すみません」人に声をかけるとき
“un cafe, per favore.”(ウンカフェ、ペルファボーレ)
「コーヒー1つ、お願いします。」
“un panino”(パニーノ)「サンドイッチ」paneはパン。

マレー語“Saya suka ~”(サヤスカ~)「私は~が好きです。」
ネパール語“マライ~チャイヨ”「~がほしいです」
アイヌ語“コタン”「宅地」社会を形成する最も小さな単位。

アラビア語では、スペイン語みたく主語を省略していいんだって!
“ハル・タズハビーナ・イライヒ?”「(あなたは)そこへ行き
ますか?」“ナアム”「はい」“シュクラン”「ありがとう」
“アッサハラーウ”「その砂漠」
サハラは砂漠って意味だから、サハラ砂漠は砂漠砂漠。ハワイ語の
フラも踊りって意味だから、フラダンスはダンスダンス。です。
----------------------------------------
フランス語の「複合過去」「半過去」って何?って思ってたけど。
スペイン語の「点過去」「線過去」みたいなもんでしょ?それって
イタリア語の「近過去」「半過去」も同じじゃない??

イタリア語“casa bianca”(カーザ・ビアンカ)「白い家」
=スペイン語“casa blanca”(カサブランカ)「白い家」
=英語“white house”(ホワイトハウス)

イタリア語“monte bianco”(モンテ・ビアンコ)「白い山」
=スペイン語“monte blanco”(モンテ・ブランコ)「白い山」
=フランス語“Mont Blanc”(モンブラン)「白い山」

スペイン語“monte negro”(モンテ・ネグロ)「黒い山」でも、
国名のモンテネグロはヴェネツィア語なんだって。同じだけど。

イタリア語“Mi può~”(ミプオ)「~していただけますか」
“Andiamo”(アンディアーモ)「行こうか」
“Ho paura”(オパウラ)「私は怖いです。」
=スペイン語“Tengo miedo.”(テンゴミエド)
“Ho sonno”(オソーノ)「私は眠いです。」
=スペイン語“Tengo sueño.”(テンゴスェーニョ)
“Andiamo”(アンディアーモ)「行きましょう」

フランス語“cuisine”(キュイジーヌ)「料理」
=スペイン語“cocina”(コシーナ)「台所・料理」

スペイン語“hechizo”(エチソ)「魔法・魅力」
“mujer”(ムヘル)「女性」chayanne(チャヤン)の曲の歌詞で
“hechizo de mujer”ってのがあったと思う。
posted by yas at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆その他、何でも | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

646 アラビア語講座

ネパール語“カティ”「いくつ」
“~サンマジャノス”「~まで行ってください」
“ビットラ・パセ・フンチャ?”「中に入ってもいいですか」
“フンチャ”「いいですよ」スペイン語のPase adelante(店に入る
ように誘う言葉?)みたい!

ブルトン語“Demat”(デマット)「こんにちは」

やばい。深夜のアラビア語講座おもしろい!寝るのが遅くなる…
“アッサラーム・アレイクム”「こんにちは」
“アナー・イスミー~”「私の名前は~」
“マー・イスムカ?マスムカ?”「あなたの名前は?(男性へ)」
“マー・イスムキ?マスムキ?”「あなたの名前は?(女性へ)」
主格形“アナー”「私は」
“アンタ”「あなた(男性)は」“アンティ”「あなた(女性)は」
属格形(~の)は名詞の後ろにつける。
“カイファ・ハールカ?”「お元気ですか?」
“アナー・ミン・トーキョー”「私は東京出身です。」
“ミン・アイナ・アンタ?”「あなたの出身は?(男性へ)」
“スーク”「市場」“アッスーク”「その市場」
“ウスターズ”「先生」“ダルス、ダルスン”「レッスン」
posted by yas at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆その他、何でも | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

644 マドンナ?まー?どんな人?

イタリア語で女性を表す“donna”(ドンナ)は女性名ドナの語源
なんだって。スペイン語で言えば“doña”(ドニャ)だけどね!
名前の前に付ける尊称が、男性はドンで女性はドニャ。
“Don Quijote”(ドン・キホーテ)

スペイン語圏でドラゴンボール見てたとき。界王様を“Kaiousama”
(saにアクセント)と呼んでたけど。まさか「様」が“Don”とは
思ってないだろうな~(*´ー`)って、日本人と話してた。

英語の“my”スペイン語の“mi”はイタリア語の“mio, mia”だと
思うんだけど。私の女性みたいなとこから“Madonna”(マドンナ)
という言葉が生まれたんだって!マドンナの語源。

“prima donna”(プリマドンナ)もイタリア語だと、最近知りま
した。主役の女性歌手、女優、第1の女性。

イタリア語“primo, prima”はスペイン語“primero, primera”
(プリメーロ、プリメーラ)「最初の、第一の」と同じみたい。
スペ語でプリモ、プリマって言ったら「いとこ」だもんね!

“primavera”(プリマベーラ)「春」はスペイン語イタリア語で
共通。最初の季節みたいな意味があるのかな???

ラテン語“prime”「最初の」から英語プライムができて、次のは
サブプライムとなるわけね!このへんはスペイン語、イタリア語、
英語に共通のものが多い。語源がラテン語系なのかな?

スペイン語 “primitivo, primitiva”(プリミティーボ、
プリミティーバ)「原始的な」=英語“primitive”
“príncipe”(プリンシペ)「王子」=英語“prince”
“princesa”(プリンセサ)「王女」=英語“princess”
“principal”(プリンシパル)「最重要な」=英語“principal”
“principio”(プリンシピオ)「始まり、原理、原則」など。
英語“principle”(プリンシパル)に似てるけど違うような…
↑白州次郎の好きな言葉だったはず。この人好き。
“primario, primaria”(プリマリオ、プリマリア)「第一の、
基本的な、初等の」=英語“primary”(プライマリー)かな??

“primary wave”=初期微動を起こすP波(縦波)は理科2分野。
posted by yas at 11:14| Comment(3) | TrackBack(0) | ◆その他、何でも | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。