2008年10月23日

646 アラビア語講座

ネパール語“カティ”「いくつ」
“〜サンマジャノス”「〜まで行ってください」
“ビットラ・パセ・フンチャ?”「中に入ってもいいですか」
“フンチャ”「いいですよ」スペイン語のPase adelante(店に入る
ように誘う言葉?)みたい!

ブルトン語“Demat”(デマット)「こんにちは」

やばい。深夜のアラビア語講座おもしろい!寝るのが遅くなる…
“アッサラーム・アレイクム”「こんにちは」
“アナー・イスミー〜”「私の名前は〜」
“マー・イスムカ?マスムカ?”「あなたの名前は?(男性へ)」
“マー・イスムキ?マスムキ?”「あなたの名前は?(女性へ)」
主格形“アナー”「私は」
“アンタ”「あなた(男性)は」“アンティ”「あなた(女性)は」
属格形(〜の)は名詞の後ろにつける。
“カイファ・ハールカ?”「お元気ですか?」
“アナー・ミン・トーキョー”「私は東京出身です。」
“ミン・アイナ・アンタ?”「あなたの出身は?(男性へ)」
“スーク”「市場」“アッスーク”「その市場」
“ウスターズ”「先生」“ダルス、ダルスン”「レッスン」
【関連する記事】
posted by yas at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆その他、何でも | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

644 マドンナ?まー?どんな人?

イタリア語で女性を表す“donna”(ドンナ)は女性名ドナの語源
なんだって。スペイン語で言えば“doña”(ドニャ)だけどね!
名前の前に付ける尊称が、男性はドンで女性はドニャ。
“Don Quijote”(ドン・キホーテ)

スペイン語圏でドラゴンボール見てたとき。界王様を“Kaiousama”
(saにアクセント)と呼んでたけど。まさか「様」が“Don”とは
思ってないだろうな〜(*´ー`)って、日本人と話してた。

英語の“my”スペイン語の“mi”はイタリア語の“mio, mia”だと
思うんだけど。私の女性みたいなとこから“Madonna”(マドンナ)
という言葉が生まれたんだって!マドンナの語源。

“prima donna”(プリマドンナ)もイタリア語だと、最近知りま
した。主役の女性歌手、女優、第1の女性。

イタリア語“primo, prima”はスペイン語“primero, primera”
(プリメーロ、プリメーラ)「最初の、第一の」と同じみたい。
スペ語でプリモ、プリマって言ったら「いとこ」だもんね!

“primavera”(プリマベーラ)「春」はスペイン語イタリア語で
共通。最初の季節みたいな意味があるのかな???

ラテン語“prime”「最初の」から英語プライムができて、次のは
サブプライムとなるわけね!このへんはスペイン語、イタリア語、
英語に共通のものが多い。語源がラテン語系なのかな?

スペイン語 “primitivo, primitiva”(プリミティーボ、
プリミティーバ)「原始的な」=英語“primitive”
“príncipe”(プリンシペ)「王子」=英語“prince”
“princesa”(プリンセサ)「王女」=英語“princess”
“principal”(プリンシパル)「最重要な」=英語“principal”
“principio”(プリンシピオ)「始まり、原理、原則」など。
英語“principle”(プリンシパル)に似てるけど違うような…
↑白州次郎の好きな言葉だったはず。この人好き。
“primario, primaria”(プリマリオ、プリマリア)「第一の、
基本的な、初等の」=英語“primary”(プライマリー)かな??

“primary wave”=初期微動を起こすP波(縦波)は理科2分野。
posted by yas at 11:14| Comment(3) | TrackBack(0) | ◆その他、何でも | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

623 独学で勉強中のイタリア語

“Mi piace”(ミピアチェ〜)「私は〜が好き。」
“Non Mi piace”(ノンミピアチェ〜)「私は〜が好きではない。」
“Spagna”(スパンニャ)「スペイン」
“Vorrei 〜”(ヴォレイ)「〜したいのですが」
“Avete 〜”(アヴェテ)「〜はありますか?」
“Prendo〜”(プレンド)「〜にします(レストランで頼む時)。」
“lui”(ルイ)彼は・“lei”(レイ)彼女は

are動詞(アーレどうし)の活用。
“cantare”(カンターレ)→“canto”(カント)1人称単数
“canti”(カンティ)2人称単数
=スペイン語“cantar”(カンタール)1人称単数は同じ。
“mangiare”(マンジャーレ)「食べる」“maigio”(マンジョ)
“mangi”(マンジ)
“amare”(アマーレ)「愛する」“amo”(アモ)“ami”(アミ)
=スペイン語“amar”(アマール)1人称単数は同じ。
“comprare”(コンプラーレ)「買う」
=スペイン語“complar”(コンプラール)
“palrare”「話す」“studiare”「勉強する」

“un libro”(ウンリブロ)「本」=スペイン語“libro”(リブロ)
“due libri”(ドゥエリブリ)「2冊の本」名詞の複数形
“una borsa”(ウナボルサ)「袋」=スペイン語“borsa”(ボルサ)
“due borse”(ドゥエボルセ)「2つの袋(バッグ?)」
“una sedia”(ウナセディア)“due sedie”(ドゥエセディエ)
↑「セーター(?)」“una penna”“tre penne”(トレペンネ)
“una chiave”(キャーベ)“tre chiavi”=鍵
=スペイン語“llave”(ジャベ、リャベ)
“giornale”(ジョルナーレ)“giornali”(ジョルナーリ)
“fiore”(フィオーレ)“fiori”“ponte”(ポンテ)「橋」
=スペイン語“puente”(プエンテ)

ブルトン語“Kenavo”(ケナボ)「さようなら」フランス北西部
ブルターニュ地方独特の言葉。イギリスに近い。
posted by yas at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆その他、何でも | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。